相続税対策としてできること|岡崎市で遺産相続手続き・遺言作成をサポートするTSパートナー行政書士事務所

相続税対策としてできること

相続税対策として、生前贈与は有効となります。
以下にご案内します。

 

配偶者へ居住用財産を贈与

基礎控除とは別に2000万円まで無税となります。※婚姻期間20年以上の夫婦に適用

 

非課税枠内での贈与をする

基礎控除分(年間110万円)の贈与をする。

 

法定相続人を増やす(養子を迎える)

実施がいるときは養子1名、実施がいないときは2名まで

 

現金を不動産に変えておく

購入価格のおよそ80%の評価額

 

土地活用する

アパート・マンションを建てる等価交換をする
信託銀行を利用する

遺言を残す

死後のトラブルを避けるために遺言を残しておくことも有効な手段だと考えます。
以下にその種類をご案内します。

 

自筆証書遺言

・自分自身(独りで)で書いた遺言書
・証人は不要

 

公正証書遺言

・証人立ち会いのもと公証人に書き取らせた遺言書
・保管は安全

 

秘密証書遺言

・証人・公証人立ち会いのもと公証人役場に提出し、認められた遺言書
・内容については秘密が保たれる

 

 

相続手続き・遺言書に関する無料相談を実施中です!

出張相談にも対応!お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。

TEL:0564-83-9544

電話受付 10:00〜20:00(日・祝 除く)

メール受付


TSパートナー行政書士事務所 〒444-0825 愛知県岡崎市福岡町字下高須41-5-103

 

 

トップページへ戻る

ページ上部へ戻る


 

相続税に関する概要 (その他のページ)

 


トップページ 事務所紹介 サポート内容・料金について サービスの流れ お問い合わせ